留学する前に考えておきたいこと

何となく面白そうだから、と簡単な理由でフィリピンへの留学を考えていませんか。きっと楽しいことがあるから留学をするという人も少なくはありませんが、大事な機会を十分に活用するために、目的を持って留学するのは大事なことです。

目的を持って留学しよう

フィリピン等の海外へ留学をする目的は何なのか、出発を決める前にじっくり考えてみましょう。目標は人それぞれで構いません。英語の勉強をしたい、現地でMBAを取得したい、ヨガのインストラクターの資格を取りたい、と夢は人によって様々です。
英語を喋れるようになりたいと、ぼんやり思って留学をすると、中途半端なレベルで止まってしまう可能性があります。ブロークンな英語でも何とか通じるので、そのレベルで満足してしまうと、英語の上達という視点ではせっかく伸ばせる土壌があるのにもったいないです。
何となく英語ができるようになりたい、という人は、試験のスコアを何点伸ばす、合格する、と具体的に評価できる目標を立ててみましょう。勉強し続ける意欲が湧き、日本に帰ってきてからの満足度が高まります。

留学前に少しは英語を身に着けておこう

英語を一言も話せない、一行も読めない状態で留学するのは、生活の立ち上げでかなり苦労しますし、授業についていくのにストレスがかさみます。全くできないレベルから少しずつ上達していくのを楽しめる人なら、そんな状況でもワクワクできるかもしれませんが、多くの人は途中で心が折れるでしょう。
学校では手取り足取り授業の面倒を見てくれます。でも、スーパーの買物やレストランでの食事など、日常の生活では英語が話せないと意思疎通ができません。日本人向けのサービスを使えば通訳してくれますがお金が掛かります。
自分の英語レベルが心配だという人は、海外の大学へ留学する人向けの英語試験をチェックしてみましょう。市販のテキストでも良いので、問題が読めるか、聞き取れるかどうかで、自分の英語レベルの目安にすると良いでしょう。

留学で得られるものは人それぞれ

留学して英語がマスターできるかどうかは、留学期間や学生のタイプによります。2週間や1ヶ月の短期留学では、大幅に英語力は変わらないものです。自分のレベルよりもずっと高いところに目標を設定してしまうと、途中で挫折したり、自分が情けなくなって勉強するのが嫌になることもあります。
短期の留学なら、海外の生活を楽しみ、現地の友人を作って異文化交流をするのでも、十分留学をする効果はあります。目にするもの、体験することの全てが新しく感じられます。短い滞在でも日本の文化と海外の文化の違いは肌で分かるものです。短期留学で英語レベルを一気に伸ばそうとするよりは、自分の現在のレベルを確認する、という気持ちで望んだほうが楽しい留学生活が送れます。