留学したのに英語が伸びないと悩んだ時の心得

フィリピンなどに留学してしばらく経ったけれど、自分の英語力が伸び悩んでいる、と悩むことがあるでしょう。他の留学生にどんどん抜かされている感じがして、焦りも感じると思います。英語に伸び悩んだときのアドバイスをまとめてみました。

周りと比べないこと

留学先の学校には、様々なバックグラウンドを持った人たちが通っています。同じ日本人でも、幼少時から英語に触れてきたほぼバイリンガルの生徒から、母国語が英語に近いため英語習得の速い他の国からの留学生がいます。そんな人達と英語の伸びを比べると、自分はあまり才能がないのだろうかと思ってしまいます。
学習の伸び率には個人差がありますし、一日猛勉強したからといって明日の朝に効果が出るものでもありません。自分は自分、他人は他人、と切り分けて考えましょう。過去の自分と比較して、どれぐらい伸びたかどうかに注目したほうが健全です。日本にいた頃よりも英語が聞き取れ、読めるようになっていたら、成長の証だとポジティブ考えましょう。

学習時間を記録すること

「せっかくフィリピンに留学して勉強しているのに伸びていない」と思い悩んだ時、どれぐらい・何を勉強したのか、分かっているでしょうか。もし分からないのであれば、どの項目を何時間勉強したのか、今後一つ一つ記録していけばいいのです。今日はリスニングに2時間、英単語の暗記に1時間使った、と記録をすることが大事です。どれくらい勉強したのかがはっきり数値で出ますし、達成感が得られます。表計算ソフトに記録して、合計で何を何時間勉強したのか、すぐに計算できるようにしておくと便利です。
記録することのメリットは、自分の勉強法を振り返れることです。リスニングに悩んでいるのにリスニングの勉強時間が少なければ、リスニングの時間を増やすようにする、と工夫ができるわけです。

目標設定を達成しやすいものにすること

留学したからには絶対英語がペラペラになって帰りたい、と思う人はいるでしょう。では一体、ペラペラとはどういう状況を指すのでしょうか。思ったことをすぐに英語で言えることでしょうか。人前で堂々とプレゼンできることでしょうか。
目標は、具体的に数値で分かるように決めるのがポイントです。「ペラペラ」とは、どういう状態なのかを具体的に示します。さらに細分化して、大きな目標に向かって段階的に達成できる中目標や小目標を立てます。
留学してすぐは、頭に浮かんだことをそのまま英語にするのは難しいものです。最初の頃の小目標は「30分間、友達とおしゃべりできるようになる」とか「5分間スピーチできるようになる」とか、達成しやすいものにしましょう。

留学手続きに関する代行費用、送金手数料等は一切無料です。 直営の英会話スクールやオンライン英会話にて、留学前後の英語学習を提供しています。 毎週開催の留学説明会では、専門カウンセラーとの個別相談も可能です。 社員全員がフィリピン留学経験者であり現地マネージャー経験のあるスタッフも多く在籍。 安心の学費保証制度サービスで、お客様の留学のサポートを行います。 【フィリピン留学ドットコム】で充実した語学留学を